読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりソケットは壊れない

ソフトウェア開発に関する話を書きます。 最近は主に Android アプリ、Windows アプリ (UWP アプリ)、Java 関係です。

まじめなことを書くつもりでやっています。 適当なことは 「一角獣は夜に啼く」 に書いています。

Espresso 2.0 が Android support library の一部としてリリースされた

Android アプリ ライブラリ ソフトウェアテスト

上記エントリにあるように、Espresso 2.0 がリリースされた。 Espresso は Android アプリの自動テストのためのライブラリである。 ほぼ上のエントリに書かれている内容であるが、Espresso 2.0 のリリースについて紹介する。

変更内容など

一番大きな変更は、Android support library の一部になったことだと思われる。 (上のエントリにもそう書かれている。) *1 そのおかげで、Android SDK で 「Android Support Repository」 をインストールしておけば (JAR をダウンロードしたりせずに) 簡単に使用できるようになった。

API 的には、パッケージ名の変更以外は大きな変更点はなさそうである。 とはいえ一部非互換な変更が加わっているので、そこら辺は気を付ける必要がある。 変更内容はリリースノートを見ると良い。

また、Instrumentation テストランナーとして GoogleInstrumentationTestRunner にいくつかの機能を追加した AndroidJUnitRunner が含まれている。 JUnit 4 サポートも含まれていて、これを使うことで JUnit 4 を使ったテストを書けるようになる。

ドキュメント

2015 年には Android Developers の方にドキュメントが移される予定のようだが、今のところはまだ android-test-kit でホストされている。 2016 年現在、ドキュメントは既に移されている。

Testing Support Library の Javadoc は以下。

サンプルコード

サンプルプロジェクトが GitHub にホストされている。 JUnit 4 を使ったテストの例などもあり、参考になる。

また、私が公開している Espresso を使用したテストの例も Espresso 2.0 に対応させた。

Espresso を使って PreferenceActivity の自動 UI テストを行う」 のエントリを書いたときに作ったサンプルプロジェクトである。

変更履歴

  • 2016-10-02 : リンク先が Not Found になっているものがあったので、リンク先を変更しました。

*1:早く Volley も support library の一部にならないかな。