読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりソケットは壊れない

ソフトウェア開発に関する話を書きます。 最近は主に Android アプリ、Windows アプリ (UWP アプリ)、Java 関係です。

まじめなことを書くつもりでやっています。 適当なことは 「一角獣は夜に啼く」 に書いています。

「DroidKaigi 2016」 と 「関モバ #11」 で発表しました

ライブラリ Android アプリ 発表資料

「DroidKaigi 2016」 にて 『5 年続く 「はてなブックマーク」 アプリを継続開発する技術』 というタイトルで、また 「関モバ #11」 で 『Components­Recycler­Adapter — RecyclerView で複数の view type や複雑なデータ構造を扱う』 というタイトルで、それぞれ発表しました。

DroidKaigi 2016

5 年前に最初のリリースが行われたアプリを継続的に開発しており、そのための取り組みを共有しました。

要点をまとめると以下のようになります。

  • テストは Testing Support Library に頼っている。
    • 最近は Android の標準のテストフレームワークが充実してきている。
    • まだほとんどテストを書いていないというプロジェクトでは、まずは標準のテストフレームワークを使い始めると良いと思う。
    • 今回の DroidKaigi でも、テストに関する多数のセッションがあり、参考になる。
  • CI については、社内の Jenkins サーバー上でテストの実行やリリースパッケージ作成の自動化を行っている。
    • 各種タスクを Gradle タスクとして定義し、タスクの実行をシェルスクリプトで記述。
    • 最近は Jenkins Workflow plugin への移行を進めている。 (Groovy での DSL が書きやすいとか、リリースパッケージのアップロード処理の前に人の確認を挟みやすいなどの利点のため。)
  • Preview 版 (production flavor の preview) を定義して、開発中の機能を preview 版で有効に。
    • 長い期間の開発でも他ブランチとのコンフリクトをしづらく & チーム内配布で確認しやすく。
  • Annotations Support Library を活用。
  • 必要に応じてライブラリ的なものを作る。
    • 例えば 「関モバ #11」 で発表した ComponentsRecyclerAdapter など。

Preview 版について補足

開発中の機能を Preview 版 (product flavor の preview) でのみ有効にする、という話がスライド中に出てきます。 これについて、具体的な方法がわからないということで質問いただきました。 (src/preview/java 下に preview 版専用のソースコードを書くとすると面倒くさすぎるのでは? という。)

具体的には、ソースコードは全て src/main/java 下に置いて、

  • build.gradle ファイル内で buildConfigField を使って preview 版専用の機能を有効にするかどうかの値を持ったフィールドを BuildConfig に生成し、
  • Java のコード中で BuildConfig のフィールドを見て if で条件分岐して機能を有効にしたり無効にしたりする

という感じです。

関西モバイルアプリ研究会 #11


ComponentsRecyclerAdapter を用いて複数の view type や複雑なデータ構造を扱う

複数の item view や複数のデータセットによる複雑なデータ構造を扱いやすくする RecyclerView.Adapter のサブクラス ComponentsRecyclerAdapter の紹介です。