読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりソケットは壊れない

ソフトウェア開発に関する話を書きます。 最近は主に Android アプリ、Windows アプリ (UWP アプリ)、Java 関係です。

まじめなことを書くつもりでやっています。 適当なことは 「一角獣は夜に啼く」 に書いています。

発表資料: Android アプリ開発における Gradle ビルドシステム (京都 Android 勉強会 2014.08)

Android アプリ 開発環境 勉強会

去る 8 月 23 日に株式会社はてな主催で行われた Android アプリ開発の勉強会 「京都 Android 勉強会 2014.08」 にて、Android アプリ開発と Gradle について喋ってきました。

Android Studio ではビルドシステムとして Gradle が採用されていますので、今後 Gradle を使う人は増えていくと思います。 Android Studio でビルドをするだけであればそれほど Gradle に詳しくなくても問題ないわけですが、せっかくなのでいろいろ便利に使っていきましょう、という主旨の発表でした。

発表内容は下のような感じで、Gradle を使ったことがない人にも 「Gradle でこういうことができる」 というのが伝わるように喋ったつもりです。 また、後半の方は Gradle を使って Android アプリのビルドをした人でも触ったことがない人もいると思いますので、Gradle を使っている人にも参考になったかもしれません。

  • Gradle と Android アプリのビルド
  • Gradle や Android Gradle plugin の機能の一部を紹介
    • ここら辺は知らなくても問題なく開発できるはずではあります
  • AAR パッケージについて
  • Gradle プラグインについて

勉強会では、Cookpad の @rejaspotaro さんが 「debug ビルドの時だけデバッグに便利なメニューを表示するようにしている」 とか、「社内でいくつか Gradle プラグインを作って便利に使っている」 という話を先にされていたので、そこら辺とからめて Gradle の話ができたのも良かったところです。

質疑内容

会場で 2 つほど (確か 2 つ) 質問がありましたので、ここにも書いておきます。

Gradle wrapper の更新

Gradle wrapper を使う場合、Gradle のバージョン更新はした方がよいのか、という質問でした。

Android Studio のバージョンアップにともなって必要な Gradle のバージョンも変わってきますので、Android Studio のバージョンアップに合わせてプロジェクト内の Gradle (Gradle wrapper) のバージョンも更新する必要があります。 最近の Android Studio では、Gradle のバージョンが古い場合に警告を出してくれて、GUI 上でぽちぽち操作すると自動的にバージョンが更新されるはずです。

Gradle の欠点

発表資料の中で 「Groovy のことを理解するまでデバッグ等が大変」 と書いていますが、それ以外に不便な点などはあるか、という質問でした。

Gradle 自身の欠点というわけではないですが、Eclipse での Android アプリのビルドと比べて、一部を変更してビルドし直すというのが Android Studio でのビルド (あるいは直接コマンドライン上で Gradle を使った場合のビルド) では時間がかかってしまうというのがあります。 私は今のところあまり細かい変更でビルドし直すということをしないようにすることでなんとかしていますが、UI の変更などでは細かく調整したいということもあってなかなか不便ということでした。

Gradle をオフラインモードにすると速くなるという話もあります。 (ちゃんと試してません。)