読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりソケットは壊れない

ソフトウェア開発に関する話を書きます。 最近は主に Android アプリ、Windows アプリ (UWP アプリ)、Java 関係です。

まじめなことを書くつもりでやっています。 適当なことは 「えっちなのはいけないと思います」 に書いています。

レスポンシブデザインのために resize イベントを使うのはやめて matchMedia メソッドを使おう

JavaScript

レスポンシブデザインのために CSS メディアクエリを使うことが多いと思います。 CSS 側だけで完結したらいいのですが、JavaScript 側でも画面サイズの変更を検知したかったり、画面サイズ以外のメディアクエリ相当のことをしたくなったりすることはありますよね。

画面サイズの変更自体は window に発生する resize イベント (window.onresize イベントハンドラ) で検知できますが、CSS メディアクエリとこれを組み合わせてレスポンシブ対応しようとすると以下の問題がでてきます。

  • ウィンドウサイズ変更時に resize イベントが高頻度で発生するので、resize イベントのリスナでコストのかかる処理を行うのはよくないとされる。 (Throttling することが推奨される。)
  • CSS メディアクエリと完全に対応するものではないので、CSS 側との対応を取りづらい。

上の方はまあ throttling すればいいのですが、下の問題はどうしようもないですね。

window.matchMedia メソッドと MediaQueryList

そこで別の方法としておすすめしたいのが window.matchMedia メソッドとその返り値の MediaQueryList オブジェクトです。 標準化についてはまだ完了しておらず、CSSOM View Module で作業されているようです。 とはいえ最近のブラウザだとどのブラウザでも使えるみたいなので、実用的に使っていける状況になっているかと思います。 (IE 9 とか少し古めの Android のブラウザとかでは使えないので、そこら辺のサポートが必要ならまだ使えませんが><)

window.matchMedia メソッドの引数としてメディアクエリのリスト (media query list: メディアクエリをカンマ区切りで繋げたもの) を渡すと、それらのメディアクエリのリストを表す MediaQueryList オブジェクトが返されます。 MediaQueryList#matches プロパティを使うことで、リスト中のメディアクエリのうち少なくとも 1 つ以上が真になっているか、もしくはすべてが偽であるかを判別できます。

また、MediaQueryList#addListenr メソッドでイベントリスナを設定することで、matches の値の変化を検知することができます。

// TypeScript です。

// 縦 600px 以下、または横 600px 以下の場合に matches state が真になるメディアクエリリスト。
var mql = window.matchMedia("(max-width: 600px), (max-height: 600px)");
// メディアクエリリストの matches state に応じた処理を行う関数。
function handleMediaQueryListMatchesState(matches: boolean) {
    if (matches) {
        // メディアクエリリストの matches state が真の場合の処理。
    } else {
        // 偽の場合の処理。
    }
}
// イベントリスナを設定して matches state の変化を検知。
mql.addListener((evt) => handleMediaQueryListMatchesState(evt.matches));
// 初期化。
handleMediaQueryListMatchesState(mql.matches);

便利ですね。 非対応ブラウザを切っていいようでしたらどんどん使っていきましょう。

歴史的経緯?

ところで MediaQueryListaddEventListener メソッドを持っているはずなのに、それとは別に addListener メソッドも持っていてどうなってるんだろう、と思いますよね。 私も思いました。 どうやら昔は MediaQueryList は独自のコールバックの仕組みを使っていて、addEventListener を持っていなかったようです。 また、コールバックメソッドに引数として渡される値も MediaQueryListEvent ではなく、MediaQueryList オブジェクトがそのまま渡されていたようです。

Note: This specification initially had a custom callback mechanism with addListener() and removeListener(), and the callback was invoked with the associated media query list as argument. Now the normal event mechanism is used instead. For backwards compatibility, the addListener() and removeListener() methods are basically aliases for addEventListener() and removeEventListener(), respectively, and the change event masquerades as a MediaQueryList.

CSSOM View Module, 4.2. The MediaQueryList Interface

実際に試したところ、Firefox 49.0.1 や Edge 38.14393.0.0 では古い挙動になっていました。 Chrome 53.0.2785.116m は最新の CSSOM View Module にあった実装になっていました。 Firefox や Edge の実装はまだ最新の CSSOM View Module にあった実装になっていないので、しばらくは addListener メソッドを使っていくようにするのが良さそうです。

参考

PowerShell (Windows) で Docker コンテナにホストディレクトリをデータボリュームとしてマウントする際に pwd 相当のことをしたい

Docker Windows PowerShell

試した環境

  • Windows 10 Home (Anniversary Update; 64-bit 版)
  • Docker Toolbox 1.12.0

前提知識

絶対パスで記述するためにどうするかが問題

Linux では以下のように pwd コマンドを使うのが一般的かと思います。

docker run -v $(pwd)/path/to/target:/container/path ...

じゃあ Windows (PowerShell) でどうするのか、というのが問題です。 PowerShell にも pwd コマンド相当の Get-Location コマンドレット があるのですが、これをそのまま使うとパスの形式が通常の Windows のパス表記の形式になるので、docker コマンドの -v オプションに渡せません。

Write-Output "$(Get-Location)/path/to/target"
# => C:\Users\userName\Documents\project/path/to/target
# 本当は /c/Users/userName/Cocuments/project/path/to/target という形式で欲しい

# 実際にやってみると以下のようなエラーが出る。
docker run -v "$(Get-Location)/path/to/target:/container/path" ...
C:\Program Files\Docker Toolbox\docker.exe: Error response from daemon: Invalid bind mount spec "C:\\Users\\userName\\Documents\\project/path/to/target:/container/path": invalid mode: /container/path.
See 'C:\Program Files\Docker Toolbox\docker.exe run --help'.

雑に対応する

そんなわけで、以下のように Windows の通常のパスの表記を Linux ぽい感じに変換する関数を定義して使っています。

function pwd_as_linux {
  "/$((pwd).Drive.Name.ToLowerInvariant())/$((pwd).Path.Replace('\', '/').Substring(3))"
}

# 実際使う場合は以下のような感じ。
docker run -v "$(pwd_as_linux)/path/to/target:/container/path" ...

関数を定義するまでもなく変数に格納して使いたいって感じなら以下のようにもできます。

# Linux 風のパス形式。
$pwd_as_linux = "/$((pwd).Drive.Name.ToLowerInvariant())/$((pwd).Path.Replace('\', '/').Substring(3))"

# 使う。
docker run -v ${pwd_as_linux}/path/to/target:/container/path ...

Docker Engine 側で通常の Windows のパス形式を受け付けてくれたらいいのですが、コロンが区切りに使われてるから難しいんだろうなぁと思ったり。

参考ページ

株式会社はてなを退職しました

日常と非日常 雑文

私事で恐縮ですが、2016 年 8 月 31 日付で株式会社はてなを退職しました。 はてなユーザーの皆様や一緒に仕事をした皆様、また、仕事以外でも勉強会などで一緒になった皆様、大変お世話になりました。 ありがとうございました!

f:id:nobuoka:20160930125506j:plain
いろいろと送別の品を頂きました! ありがとうございます!!

入社したのは 2012 年 4 月で、当時は本格的な web サービス開発について全然知らないという状態でした。 そこから約 4 年間、Perl での web アプリケーションの開発から JavaScript や TypeScript でのフロントエンド開発、Windows ストアアプリや Android アプリといったクライアントアプリ、開発環境周りなどを経験し、社内の人にも社外の人にもいろいろと教えてもらいながら web サービスのエンジニアとして成長することができました。 本当にありがとうございました。 まだまだはてなでやってみたいことはありましたし、貢献できる部分もあるだろうとは思ったのですが、私的な事情により今回退職することを決めました。

退職することになりはしましたが、私自身ははてなで働けて良かったと思っておりますし、今年上場するなど勢いもありますので、はてなのサービス開発に興味がある方やインターネットで人の生活をよりよくしていきたいという方はぜひぜひはてなの採用に応募してみてはいかがでしょうか! (辞めた人の目線で話を聞いてみたいという方がいらっしゃいましたら *1 お声がけくださいー。)

さて、はてなについてはおいておいて私自身のことを言いますと、今後も web サービス開発に携わっていくつもりですし、勉強会などにも参加すると思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ところで

退職する少し前からインターネット上での活動を控えていたせいか、何名かの方から 「生きてますか?」 というようなメッセージを頂きました。 心配してくださってありがとうございます。 活動を控えている理由は私的な事情で、本当に単に控えているだけですのでご安心ください。 *2

あと、同じく私的な事情がらみで、8 月上旬以降にとある人が私のことを悪く吹聴していたようなのですが (「自転車に乗っているときにこかされて怪我させられた」 みたいなこととか)、自分のしたことや詳しい事情を隠すなどして、公正でない表現で私のことを悪く言っているような感じがしますので、真に受けないようにして頂けますと幸いです。 何か言われて気になっている人が居ましたら連絡くだされば詳細をお話します。 (誰に話しているのかわからなくて個別の弁明もできませんので、ここに書いておきます。)

おわりに

皆様が平穏無事な日々を過ごせますよう祈っております。

*1:いない気はするけど

*2:ソフトウェア開発関係や仕事関係についてはインターネット上での活動を控えてると厳しいのでそろそろ活動していきます。

Android の Instrumented Test で指定のサイズのテストだけ実行する (@SmallTest とか @LargeTest とか)

Android アプリ ライブラリ

Android Testing Support Library (ATSL) の話。 バージョン 0.5 時点での情報です。

ライブラリの準備方法などはドキュメントを読んでください。

テストサイズを表すアノテーション

android.support.test.filters というパッケージがあって、この中にはテストをフィルタするのに使用できるアノテーションが入っています。 その中に、テストのサイズを表すためのアノテーションが 3 つ入っています。

これらはテストクラス自体に付けることもできますし、メソッド単体に付けることもできます。 実装を見たところ、メソッドとクラスの両方にアノテーションが付けられている場合はメソッドアノテーションが優先されるようです。

ちなみに、Android Testing Support Library じゃなくて android.test.suitebuilder.annotation パッケージの方にも同名のアノテーションがありますが、そっちは deprecated ぽいし AndroidJUnitRunner と組み合わせて使うことはできないぽいので注意しましょう。

AndroidJUnitRunner とテストサイズによるフィルタリング

AndroidJUnitRunner でテストを実行する場合、テストサイズによるフィルタリングが可能です。 下記 Javadoc にいろいろ書かれています。

adb でテスト実行する場合

上のドキュメントでは、adb コマンドでテストを実行する際にどういうオプションを渡せばいいかが主に書かれています。 例えば、small サイズのテストのみを実行する場合は、以下のようになります。

adb shell am instrument -w -e size small your.test.target/android.support.test.runner.AndroidJUnitRunner

Gradle の connectedAndroidTest タスクで実行する場合

AndroidManifest.xml で指定する (ただし現在はバグで動かない)

上のドキュメントには All arguments can also be specified in the in the AndroidManifest via a meta-data tag ということが書かれています。 すなわち、テスト用のアプリパッケージの AndroidManifest.xml ファイル (app/src/androidTest/AndroidManifest.xml ファイル) に以下のような記述をすると、small サイズのテストのみが実行されるはず、ということです。

    <instrumentation
        android:name="android.support.test.runner.AndroidJUnitRunner"
        android:targetPackage="...">
        <meta-data android:name="size"
                   android:value="small"/>
    </instrumentation>

ただし現在はバグで動きません。 (指定が無視されます。) バグ報告を上げたので、対応状況は下記ページをご覧ください。

バグがなければ、上のような記述をしておけば ./gradlew :app:connectedAndroidTest という感じで Gradle タスクでテストを実行したときにテストサイズのフィルタリングが効きます。

Gradle のビルドスクリプトで指定する

AndroidManifest.xml に書かずに Gradle のビルドスクリプトにオプションを指定することができます。 上の方法の代わりにこの方法を使うことで、上のバグを回避できます。 sumio さんに教えて頂きました。


android {
    defaultConfig {
        testInstrumentationRunner "android.support.test.runner.AndroidJUnitRunner"
        testInstrumentationRunnerArguments size: 'small'
    }
}

上のような感じで書きます。

Android Studio 上でテストを実行する場合

Android Studio 上でテストを実行する場合は、build.gradle での記述が有効にならないので、configurations を弄る必要があります。 下図のような感じで、Extra options に 「-e size small」 と入力すれば良いです。

f:id:nobuoka:20160527031054p:plain

おわり

@SmallTest アノテーションとか @LargeTest アノテーションとかがあって、テスト実行時にそれらのフィルタリングができるという情報を過去に見たのですが、いざやってみるとあまり情報がなくてうまくいかなかったのでまとめてみました。

コミットごとのテストは @SmallTest だけにして、ある程度開発が終わってレビューに出す前の段階になったら @MediumTest@LargeTest のテストも行うようにする、とかにしたらテストにかかる時間が短くなっていいかもしれませんね。

関連ページ

Rust 入門してる #3 : オブジェクト指向っぽい部分?

Rust

#2 に続いて Rust のドキュメントをぼちぼち読んでます。 このブログ記事はメモと感想程度のものですので、詳細は各見出しの下のリンク先を見てください。

今回は構造体とか列挙型とかメソッドとかトレイトとかそこら辺のオブジェクト指向っぽい部分 (の途中まで) を読みました。 パターンマッチとか文字列とかも出てきました。

構造体 (Structs)

// こういう感じで定義して、
struct Point {
    x: i32,
    y: i32,
}

// こういう感じでインスタンスを生成。
let origin = Point { x: 0, y: 0 };
// `..` に続けて別のインスタンスを指定すると、残りのフィールドにそのインスタンスの値を渡せるぽい。
let x1 = Point { x: 1, .. origin };

Tuple に名前を付けたような Tuple Structs というものもある。 型としては Tuple 型らしい。

struct Color(i32, i32, i32);
let black = Color(0, 0, 0);

Unit-like Structs というものもある。 これはフィールドを持たない構造体で、Unit-like Structs を定義すると、同時にその構造体と同名の定数も定義される。

// Unit-like Structs
struct Cookie;

上の定義は、下のコードと同等。

struct Cookie {}
const Cookie: Cookie = Cookie {};

単に構造体を定義してフィールドの値を読み書きする、というぐらいであれば簡単っぽいけど、実践的に使うためにはトレイトと組み合わせたりしないとだめそうな気がする。 (まだよくわかってない。)

列挙型 (Enums)

列挙型は、複数の変種 (variant) の中の 1 つのデータを表す型。 列挙型の中のそれぞれの変種は、それに関連するデータを保持することもできる。 列挙型の値としては、その列挙型の任意の変種を取りうる。 代数的データ型でいうところの直和型 (sum type) に相当するっぽい。

enum Message {
    Quit,
    ChangeColor(i32, i32, i32),
    Move { x: i32, y: i32 },
    Write(String),
}

上の例を見るとわかるように、各変種を定義するための構文は、構造体を定義するための構文に似ている。

それぞれの変種は列挙型の名前でスコープ化されているので、:: を使って各変種の名前を使用する。

let message: Message = Message::Move { x: 10, y: 5 };

列挙型のコンストラクタは、関数としても扱えるらしい。 例えば、上の例の Message::Writeコンストラクタfn (String) -> Message という型の値として扱える。 クロージャとかと同様に他の関数に渡したりして使う場合に便利っぽい。

Match

match 式はパターンによって分岐するものである。 単純な例だと、以下のように if/else の連なりを書きかえることができる。

let x = 3;

let val = match x {
    1 => "one",
    2 => "two",
    3 => "three",
    _ => "else",
};

match には、「網羅的なチェック」 を強制するという利点がある。 例えば上の例で 「_」 を除くとコンパイルエラーになる。

パターン (Patterns)

変数束縛や match 式、他の場所にもパターンは現れる。 下記のものを組み合わせてパターンが表現される。

  • 複式パターン : 1 | 2
  • 範囲 : 1 ... 5
  • 変数への束縛 : x
    • 値の型に応じてコピーか移動になる。
  • 参照を束縛 : ref x (ref mut x)
  • サブパターンで束縛 : e @ 1 ... 5
  • デストラクチャリング : Point { x, y }
    • フィールドの値に別名を付けて束縛 : Point { x: x1, y: ref y1 }
  • ワイルドカード (..) : Point { x: x1, .. }
  • プレイスホルダ (_) : Err(_)

パターンガードもある。

let message = match val {
    Some(x) if x < 5 => "Less than five",
    Some(x) => "Else",
    None => "None",
};

メソッド

impl キーワードである型に対するメソッドを定義できる。 第 1 引数は self&self&mut selfimpl は同じ型に対していくつも定義できるらしい。

struct Point { x: i32, y: i32 }
impl Point {
    fn p(&self) {
        println!("({}, {})", self.x, self.y);
    }
}

let point = Point { x: 1, y: 2 };
point.p();

関連する関数 (static メソッドぽいもの) も定義できる。 第 1 引数が self (または &self&mut self) でない場合は自動的にそうなる。

impl Point {
    fn new(x: i32, y: i32) -> Point {
        Point { x: x, y: y }
    }
}

let point = Point::new(10, 2);

ここら辺は Perl とかやってると馴染みのある感じ。 既存の構造体に対して新しいメソッドを定義することもできそうだし、そこら辺は便利そうな気がする。 (動的型付けだとどこでメソッドが定義されたのかわからなくて困りそうだけど、Rust だとまあ大丈夫そう?)

Vectors

以下のようなイテレーションの例があるけど、vector の指定方法に応じて i の型も変わるのが慣れるまで大変そう。

for i in &v {
    println!("A reference to {}", i);
}

for i in &mut v {
    println!("A mutable reference to {}", i);
}

for i in v {
    println!("Take ownership of the vector and its element {}", i);
}

文字列

Rust の文字列は UTF-8 エンコードされた Unicode スカラ値の連なり。 全ての文字列は UTF-8 列として正しい。

型としては主に 2 種類。

  • &str : 文字列スライス (string slices)
    • サイズ固定で変更不可。
  • String : ヒープ割り当てされた文字列。
    • 変更可能。

文字列リテラルは static にメモリ割り当てされるので、それへの参照として &str を使用できる。

  • &str の値の to_string() メソッドを呼ぶことで String の値を得られる。 (メモリ割り当てするのでコストがかかる。)
  • String の値の参照を取ることで &str として扱える。 (&String から &str への自動的な型強制がかかるため。 コストはかからない。)

バイトごとや文字ごとのイテレーションをしたい場合は as_bytes() メソッドchars() メソッドを使うぽい。

String の後ろに &str を結合できる。

let s1: String = "こんにちは".to_string();
let s2: &str = "世界";
println!("{}", s1 + s2);

こういう結合をしたときの所有権の動きがいまいちよくわかってない。

ジェネリクス

ここで紹介されてる分に関しては、Javaジェネリクスを知ってれば大丈夫そう。

トレイト

Rust のトレイトは、メソッドを宣言するだけで実装は含まないから *1 トレイトというよりインターフェイスなのでは? と思ったけど、impl キーワードでトレイトに対する実装を提供する、という感じだからインターフェイスじゃなくてトレイトなのか。 impl HasArea for Circle { ... } という感じ。

Java なんかの CircleHasArea を実装する、というのとは逆で、Circle に対する HasArea の実装を提供する、という感じなのが面白い。 こういう風になっているおかげで、既存の構造体に対して追加でトレイトの実装を提供できて便利ぽい。 (と思ったけど、トレイトと実装対象の型のどちらかは自分で実装したものではないとだめっぽいから、自由になんでもできるわけではなさそう。)

ジェネリック関数の境界にトレイトを使用できる。

fn print_area<T: HasArea>(shape: T) { ... }

複数の境界を指定することもできる。 Java 8 の intersection types っぽい。

fn foo<T: Clone + Debug>(x: T) { ... }

ジェネリック型の実装のジェネリックパラメータの境界にトレイトを使用した場合は、その実装はその条件を満たすジェネリックパラメータの場合のみにその実装が提供される。

impl<T: PartialEq> Rectangle<T> {
    fn is_square(&self) -> bool {
        self.width == self.height
    }
}

上の例だと、ジェネリックパラメータ T に対して PartialEq の実装が提供されている場合にのみ Rectangle<T>is_square メソッドが生える。

ジェネリックパラメータの宣言場所での境界の定義だけでなく、where 句での定義も可能。

fn foo<T: Clone, K: Clone + Debug>(x: T, y: K) { ... }
// 上と同じ。
fn foo<T, K>(x: T, y: K) where T: Clone, K: Clone + Debug { ... }

トレイトはメソッドのデフォルト実装を持てる。 また、継承も可能。

一部のトレイトは、属性を使って自動的に実装できる。

#[derive(Debug)]
struct Foo;

Drop トレイト

標準ライブラリによって提供される Drop トレイトを使うことで、値がスコープから外れた際に終了処理を実行させることができる。

*1:後ろの方に書いたけどデフォルト実装を持てます。 suzak さん指摘ありがとうございます!