読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりソケットは壊れない

ソフトウェア開発に関する話を書きます。 最近は主に Android アプリ、Windows アプリ (UWP アプリ)、Java 関係です。

まじめなことを書くつもりでやっています。 適当なことは 「一角獣は夜に啼く」 に書いています。

読んだ: Effective Android

Android アプリ 書籍 レビュー 書評

Effective Android

Effective Android

  • 作者: TechBooster,小太刀御禄,出村成和,重田大助,西岡靖代,宮川大輔,柏本和俊,あんざいゆき,八木俊広,木村尭海,小林慎治,有山圭二,中西良明,わかめまさひろ,新井祐一,桝井草介,久郷達也,寺園聖文,shige0501,山下智樹,前田章博,秋葉ちひろ,末広尚義,中澤慧,日高正博,塚田翔也,井形圭介,中川幸哉,山崎誠,山下武志,なまそで,橋爪香織,さとうかずのり,l_b__,ゼロハチネット,長汐祐哉
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2014/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (7件) を見る

読みました。 タイトルからは 『Effective C++』 や 『Effective Java』 が連想されますね。 副題として 「アプリケーション開発を効率化する 39 のテクニック集」 と表紙に書かれています。

内容紹介

Androidの機能・端末バリエーションは年々巨大化しています。おぼろげな理解でも試行錯誤によってある程度のことが実現出来ますが、安定動作するアプリ、使っていて気持ちの良いアプリに仕上げる上では、依然きちんと理解する必要のあることが多く存在します。

本書は、Androidアプリ開発へ携わる著者総勢20名によるデザイン/開発上のポイント集です。

日々の開発中にぶつかった問題を掘り下げたもの、Androidソースコードを読み解くことで得られたもの、多くの端末サイズ/解像度へと対応する中で得られたもの、Googleサービス群と連携する中で得られたものなど、日々のアプリ開発を一歩先へと進めるヒントに満ちていることでしょう。

Effective Android - 達人出版会

上記内容紹介にかかれているように、本書は複数人によって書かれた書籍です。 もともと同人誌として発行されていたものなので、わりと各自が好きなことを書いてるようで、基本的には章ごとの体系だった流れのようなものはありません。 ある程度分野ごとに章はまとまっていますし、関連する章が前後に並んでいたりはしますが、基本的にはそれぞれの章を独立に読む、という感じの読み方になるでしょう。

カード UI の実現の仕方や、カード UI にアニメーションを付ける方法、といったすぐに使える UI 上のチップスもあれば、Eclipse の設定ファイルの話や Gradle の話といった開発環境周りの話、SQLiteNFC といったミドルウェア (?) 的な話、便利ライブラリの紹介、それから NDK などのプラットフォーム周りの話といった感じで、内容は多岐にわたっています。

以前、Maven Central Repository への AAR パッケージのアップロード方法を書きましたが、それと同様の内容も本書に収録されてました。

さらには、Git についての話や Java 7、Java 8 の話も書かれています。 Git については、write-tree コマンドや rev-parse コマンドといったマニアックなコマンドが紹介されていて、普段 Git を使っている人でも 「ほえー」 ってなるかもしれません *1Java 7 の話については、API level 19 以降では Java 7 の構文をフルで使えるようになった *2 といったことが書かれていて、そういうことを知らない人にはいろいろ得るところがあると思いますし、Java 8 についてもいろいろ書かれていて勉強になります *3

感想

内容が多岐にわたっており、また、結構マニアックな話題も多いので、いろいろ視野が広がって良かったです。 たとえば、NFC タグの話や SQLiteDatabase の WAL の話、オーディオ周りの話などは 「へー」 という感じで読みました。 普段業務で Android アプリを開発していたり、個人で Android アプリを開発している人で、自分が普段関わらないようなところも含めてチップス集を読みたい、という気持ちがあれば本書はオススメです。 すぐさま業務に活かせるようなチップスもありますし (そうでないものもあります)、読み物としても興味深く読めるでしょう。

一方で、体系だった章立てになっていないという点や、全体的に誰しもにすぐ役立つ情報が多くないという点から、一通り Android アプリ開発できるようになった人に 「とりあえず読め!」 って感じで薦められる本ではないです。 あえてこういうことを書くのは、『Efefctive C++』 や 『Effective Java』 とタイトルが似てるからです *4

読み物的な感じで Android アプリに関して視野を広げたい、って人にお勧めです。

EFFECTIVE JAVA 第2版 (The Java Series)

EFFECTIVE JAVA 第2版 (The Java Series)

『Effective Java』 もお薦めです。

*1:私はなりました。

*2:あくまで構文であり、Java SE 7 のすべての Java API が使えるわけではありません。 まあこれは以前の Java 6 サポートの時からそうでしたが。

*3:Java 8 は今の Android アプリ開発では全く使えないので、Android アプリ開発には活かせませんが。

*4:これらの本は、一通り C++Java を書けるようになった人に 「とりあえず読め!」 って感じで薦められる本です。